Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ichigochannel.blog92.fc2.com/tb.php/90-19d476a3

-件のトラックバック

-件のコメント

[C134]

あいからず素晴らしいネタで最高です
  • 2012-06-15
  • 名無那々子(9歳)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

おっぱい戦線異状なし

 ある朝、僕は覚醒した。心地のよい目覚めだった。
「何故もっと早く、気づかなかったのだろう」
 ククク、ククククク……
 自然と気持ちの悪い笑みがこぼれた。
「おっぱいが、揉みてえ!」
 僕は制服に着替えると、学校の、文芸部の部室へとダッシュした。
 ズガドシャン! 部室の扉を蹴破った。
「君、どうしたんですか? 入室の作法を間違えていますよ」
 文芸部でたった2人だけの部員である京子先輩は、慌てることなく、持っていたカフカの城を机に置くと丁寧な対応をした。ちなみにもう一人の部員は僕だ。先輩はセーラー服がよく似合う美しい黒髪ロング、そして巨乳のメガネっ子だった。性格は、とってもクール。
「おっぱいを揉ませろおおおおおおおおおおおおおお!」
「え?」
 僕は、力の限りおっぱいへとダイブした。
 ぽにぽにぽにぽにぽにぽよよん、ふかふかっふぁふぁっむにょっむにょにょっぷにぷにぷにぷにぷ般若波羅蜜多心経観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一切苦厄。
 先輩のおっぱいは、柔らかいながらも張りがあり、魚は沈み隠れて雁は列を乱し落ちて月は雲間に隠れてしまい花も恥らってしぼんでしまうほどに美しくもあった。つーかめっちゃイイ匂いっす。くんかくんかぁ!
「僕は先輩のおっぱいを掴んで世界をも掴んでみせるんです! いいですか、おっぱいは悪なんです。えっちだからです。おっぱいを揉むことは、悪を倒すということなんです。だから、僕が先輩のおっぱいを揉んで、世界を救う! そう、つまりね……先輩のおっぱいは、世界一だってこと!」
 正直もうダメだと思った。おっぱい覚醒暴走しつつも、自分を客観的に見つめるもう一人の自分が居た。彼は、「お前はもう終わったのだ」と告げていた。
 これまで築き上げてきた先輩との信頼関係、自分の草食系男子的キャラクター、地位、それらすべてが今崩れ去っているのだ。
「好きだ、好きだ、好きだぁぁぁ!」
 おっぱいに顔を埋めながら、もう破れかぶれで告白した。実際には今絶叫しているほどに好きなわけではないが、結構気にはなっていて、甘酸っぱいパステルピンク青春色の距離感を保っていた。
「はいはい」
 信じられない事が起こった。先輩は肩をすくめて、「しょうがないなぁ」という風に、ぎゅうっと僕を抱き寄せた。こんな僕を、受け止めてくれたのだ。
 先輩と先輩のおっぱいは、この宇宙全てを内包し得るかのような包容力を備えていた。いや、もはやこのおっぱいは宇宙そのものだった。ああ、この世に宇宙の一部じゃないものなんてないのか。僕ですらつながっていて、それではじめて宇宙なのか。おっぱいも、宇宙なんだ。
 先輩の優しさと愛に、涙が溢れて止まらない。
 チャイムが鳴ると、先輩は腕を僕から離した。
 「じゃあまた放課後、会いましょう」
 先輩は僕の涙と鼻水を彼女のハンカチで拭うと、顔の前で二本の指を振り、サヨナラをした。
 先輩が部室を出てからも、僕は先輩のおっぱいの感触を、ただ立ち尽くして反芻していた。

 おっぱい揉みたくなったら続く。

―――――――――――――――
おっぱい揉みてええええええええ!
こんばんは、今日も元気にブログ更新! というわけで、どうやら僕はおっぱいを揉みてえという揉意の波動に侵されているようです。おっぱい揉ませてください(ブラウザの前で土下座)。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ichigochannel.blog92.fc2.com/tb.php/90-19d476a3

0件のトラックバック

1件のコメント

[C134]

あいからず素晴らしいネタで最高です
  • 2012-06-15
  • 名無那々子(9歳)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

雛苺入ってる><

Author:雛苺入ってる><
世界と自身とを交差させる言葉伝えるためのチャンネル

FC2カウンター

検索フォーム

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。