Entries

スポンサーサイト

雪の少女

名雪の家に厄介になり始めて少し経った。この街に着いた時は、街が以前来た時と変わっていて、きっと寂しくなるんだろうなあなんて思っていたけれど、実際には大して変わったところもなくて拍子抜けしてしまった。名雪も、名雪のままだった。「今日は名雪の誕生日だけど、何かおごろうか?」僕が名雪に問う。「イチゴサンデー」と答えたので、駅前の喫茶店に食べに行く事にした。喫茶店のドアを開くと、カランカランと鈴の音が鳴っ...

Appendix

プロフィール

雛苺入ってる><

Author:雛苺入ってる><
世界と自身とを交差させる言葉伝えるためのチャンネル

FC2カウンター

検索フォーム

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。